会社概要

経営理念

人間重視

人材を大切にし活力のある明るい会社を目指します。そして雇用を拡大し社会への貢献を行います。

顧客満足

技術力を磨き、魅力ある商品を顧客へお届けいたします。

チャレンジ精神

社会の変化に対応できるように、挑戦し続けます。そして会社が存続、発展することを目指します。

品質方針

1.人材教育に力を入れ、社員の能力の底上げを行います。
 行動指針、スキルマップを活用して、各事業部において教育計画を作成し実行します。
2.働き方改革を行い、生産性向上を目指します。
 人時生産性の向上を実現します。
3.品質の向上を目指し、精度の高い製品を供給します。
 流出不良の削減および工程内不良の削減を目指します。

4.新分野への挑戦を行います。
    各事業部は挑戦する項目を挙げ、実績を残すことを目指します。

弊社ではこれらを達成するために品質マネジメントシステムにおいて以下を実施します。

  1. 顧客要求事項を重視し、顧客満足の向上を図ります。
  2. 法令・規則を遵守し、要求事項に適した製品を提供します。
  3. 高品質な製品造りを目指した改善活動を実施します。
  4. 品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善します。
  5. 品質方針を全従業員及び当社のために働く人々に周知し、品質意識の向上を図ります。

 

2019年2月3日
株式会社関東製作所
代表取締役 渡邉 章

company-info01
company-info03
company-info02

ご挨拶

株式会社関東製作所は昭和23年の発足以来、東京の下町・江東区で
長年ガラス用金型からプラスチック用ブロー成形金型の製作を行ってきました。
現在はブロー成形金型に加えて、射出成形金型、真空成形金型、
仕上げ加工機、検査機の製造を行っております。

当社は人間重視の会社理念に基づき、社員教育に力を入れ、
社員が生き生きと働きやすい環境作りを目指しております。
年功序列にとらわれず、能力のある社員は入社年数が若くても幹部に抜擢しています。
そして社員が能力を十分に発揮できるようできる限りのバックアップをしております。

またお客様のニーズに応えるべく、設備投資・人的投資など全社を挙げ努力を続けております。
2018年には浜松工場の拡張を行い、関東製作所として初めて射出成形機の導入を行いました。
単なるトライ機としてだけではなく、小ロットの量産ができる体制も整えております。

人員は関東製作所単体で100名を超え、グループ全体では国内で140名、
海外を含めると210名を数えるまでに成長しております。

そして今まで培ってきた経験と技術を大切にし、
さらなる成長に向けチャレンジを続けてまいります。

株式会社 関東製作所
代表取締役 渡邉章

会社概要

企業名 株式会社関東製作所
設立 昭和23年7月
代表者 代表取締役 渡邉章
従業員数 97名
資本金 6,985万円
売上高 27億1,640万円 (2018年1月決算)
本社所在地 〒135-0004
東京都江東区森下 5丁目 18番地 13号
TEL 03-3631-6034
FAX 03-3632-7440
取引先 順不同・敬称略 キョーラク株式会社
株式会社千代田製作所
FTS株式会社
取引金融機関 三井住友銀行
東京シティ信用金庫
りそな銀行
みずほ銀行
京葉銀行
阿波銀行
顧問税理士 ディープグロー税理士法人
顧問行政書士 行政書士ポラリス法務事務所

沿革

昭和23年 7月 初代社長 木間正三郎 現在地でガラス用金型の製作開始
昭和29年 11月 ガラス製品製造機械の生産開始
昭和31年 6月 プラスチック用金型の製作開始
昭和32年 6月 プラスチック用中空成形機の生産開始
昭和35年 12月 株式会社関東製作所に社名変更
昭和40年 12月 渡邉正敏 代表取締役に就任 プラスチック用金型、並びに
その付属部品に専念する
昭和56年 3月 東京都江東区に本社工場 新設
昭和58年 5月 東京都江東区に猿江工場 新設
 平成10年 10月 東京都墨田区に菊川工場 新設
 平成15年 9月 愛知県丹羽郡に名古屋工場 新設
 平成15年 11月 インドネシアにP.T Kyoraku Kanto Mould Indonesia社 新設
 平成20年 1月 渡邉正敏 退任、相談役に就任
渡邉嘉明 代表取締役に就任
 平成20年 9月 愛知県一宮市に仕上加工機、検査機製作部門として木曽川工場 新設
 平成22年 11月 関東製作所 創立50周年記念式典を挙行
 平成23年 1月 渡邉嘉明 退任、顧問に就任
渡邉章 代表取締役に就任
 平成23年 7月 静岡県浜松市に射出成形金型製作部門として浜松工場 新設
 平成24年 9月 岐阜県各務原市に岐阜工場新設(名古屋工場から移設)
 平成25年 2月  100%子会社として関東中村精工株式会社(岐阜市)を設立
 平成25年 4月  関東中村精工株式会社を中村精工株式会社に社名変更
 平成28年 10月  静岡県東区白鳥町に浜松工場移転
 平成30年2月  ISO9001:2015を取得
 平成30年12月  浜松工場を拡張し、射出成形事業を開始

工場所在地

〈東京本社工場〉

東京都江東区森下5丁目18番地13号
TEL.03(3631)6034 FAX.03(3632)7440

〈猿江工場〉

東京都江東区猿江1丁目18番地7号

〈菊川工場〉

東京都墨田区菊川3丁目2番地4号
TEL.03(3631)2526 FAX.03(3631)2840

〈木曽川工場〉

愛知県一宮市笹野字宮北田63
TEL.0586(52)6774 FAX.0586(52)6731

〈岐阜工場〉

岐阜県各務原市テクノプラザ2-16
TEL.058(322)2210 FAX.058(322)2211

〈浜松工場〉

静岡県浜松市東区白鳥町765番地5号
TEL.053(424)7200 FAX.053(424)7201

営業所

〈名古屋支店〉

愛知県名古屋市西区上小田井2-116
TEL.052(325)6380 FAX.052(325)6390

子会社・海外拠点・協力工場

〈子会社〉

中村精工株式会社
岐阜県岐阜市柳津町北塚4丁目41番の3
TEL.058(388)3551 FAX.058(388)3584
http://www.nmsk.co.jp

〈海外拠点〉

K.M.I(P.T.Kyoraku Kanto Mould Indonesia)
JALAN MALIGI VI L0T L-1 KARAWANG 41361
WEST JAVA INDONESIA
TEL.+62-267647173
FAX.+62-267647172

〈協力工場〉

株式会社可川精工
福岡県筑紫郡那珂川町大字西畑1366
TEL.092(952)0244 FAX.092(952)0279

行動指針

行動指針1
自発的に行動する

受け身ではなく、自ら考えて行動します。何をすべきか、どのように行動すべきか、常に頭を使い行動します。例えば相談をするときも自分で考えることを放棄せず、必ず自分の考えを持って相談します。

行動指針2
情熱、熱意、執念をもって行動する

何事もできると信じ、情熱、熱意、執念を持って行動します。また死力を尽くし、自分ができる最大限の行為を行います。そして仕事は最後までやりきります。

行動指針3
時間厳守

時間を厳守します。
お客様を待たせたり、会議に遅れないようにします。
どうしても遅れてしまう場合は、必ず事前に連絡をします。

行動指針4
整理、整頓をする

身の回り、作業台の周りを整理、整頓し、いつもきれいな状態を保ちます。
不要な物は捨てます。汚い工場からは良い製品は生み出されません。

行動指針5
誠実な行動と対応

お客様、同僚、協力会社様に対して、誠実に行動し、対応していきます。こちらのミス、間違いに対しては、嘘で誤魔化さずきちんと謝ります。
協力会社様に対してもお客様や同僚に対する同じ目線、スタンスで接します。
問題が生じたらメールだけで済ませるのではなく、電話や面会をするなどして、できる限りの誠意ある対応を示します

行動指針6
笑顔で挨拶、礼儀礼節を守リ
身だしなみを整える

来社されたお客様・仕入先様など全ての関係者に、笑顔で気持ちの良い挨拶をします。
また常に身だしなみを整え、規定の服装を正しく着用します。(例えば会社行事に参加の際は、ジャンパーの前は締めて着用。会議出席の際は、冬用ボア付きジャンパーは着用しない、など。)

行動指針7
品質にこだわリトラブルや不具合は迅速に報告する

お客様の信頼、信用を得るには、要求品質の確保が大切です。もっとも信用、信頼を損なうのは、品質の不具合です。
万一の不具合発生には、暫定対策だけではなく真の原因を追究し、恒久対策につなげると共に、今ある仕組みを見直します。
そして、事の大小に関わらずトラブルや不具合の情報は、上司、関係者に報告します。特にお客様からの情報は、どんな小さい事象でも必ず報告します。
また、トラブルや不具合の発生を防ぐために決めた取組みを継続します。

行動指針8
安全環境確保

自分の職場や仕事を常に安全優先の立場から見て、環境改善や作業を行います。
あらゆる事故・災害の防止を最優先に仕事に取組みます。

行動指針9
納期の遵守

要求品質の確保と同様、納期の遵守もお客様からの信用、信頼を得るのに大切です。
納期を遵守するために、仕事着手前には計画を立て、絶えず計画に対する進捗を確認していきます。
万一遅延が発生した場合、上長に速やかに報告すると共に、その復旧計画案をもって相談します。

行動指針10
お客様要望の実現

お客様の要望を実現するために、こちらからも積極的に提案を行っていきます。
できません!という前に、いかに要望を実現させるかに注力することによって、自社・自らの技術・技能力や仕組みの向上につなげます。
積極的な提案をしていくことにより、お客様の期待以上の成果を目指します。

行動指針11
法令、規則、ルールの遵守

社会の法令や規則、自社のルール等遵守し、広く社会から受け入れられる会社を目指します。資格の必要な業務は、資格を持った人が行います。
パワハラやセクハラ等を起こさない職場環境をつ<ります。
必要と決められた保護具は、装着します。飲酒運転などは、行いません。

行動指針12
協力会社様との共存共栄

協力会社様は、お客様同様、大切なパートナーです。納期や価格の無理な取引を強要するのではなく、お客様要望の実現を協力して目指します。目標品質、価格、日程の共有と進捗の見える化を行います。間違えの起こらないよう、正確な情報の伝達を、お客様同様の方法で行います。ただし協力会社様の起こしたトラブル、不具合に対しては主張すべきところは主し、公正な問題解決を図ります。

行動指針13
チームワークとコミュニケーションの重視

チームワークとは、弱点を補完し成長しあう動作のことで、チームワークがよい職場を目指します。同僚に思いやりを忘れず、笑顔、挨拶、礼節、コミユニケーションを大切に、チームワークで仕事に取り組みます。
また信頼関係を築くためのコミュニケーションを重視します。相手は何を考えているのか、なぜそういった行動をとるのか、コミュニケーションで理解することに努めます。

行動指針14
誰とでも分け隔てない職場

同僚を理解することに努め、誰をも平等に接することを心がけます。相手のダメだしだけではなく、同時に良いところを見つけることを心がけます。

TOP